もっと高く古書を買取してもらうには

専門書は大型書店に持ち込まない

自分では必要のなくなった古書や古本を、買い取りセンターに持ち込み買い取ってもらうのは

 

いまや当たり前の事です。

 

特に本は昔必要だった本でも時間がたつにつれて必要でなくなってしまう事はよくありますし、

 

専門書などは自分の必要な情報だけ抜き取ると後は必要なくなり無駄に部屋を圧迫してしまう事

 

もよくある事ですよね。本好きな人の中には本を売るなんて!

 

と自分が買った本をずっと残しておく人も少なくはないようですが、処分せずどんどんためていくと

 

重量も結構なものになり床がきしみますし場所もとり結構邪魔なものです。

 

 

そんな、本がたまりすぎてにっちもさっちもいかない!というときに役に立ってくれるのが古本の

 

買い取りセンターなのですが、ここで注意しないといけないのが買い取り店の選び方です。

 

本を売るお店としては一般的によくある中古の本なら何でも買い取りしますという大きなお店と、

 

古書を専門的に扱う比較的小規模のお店ではなんとなく大きなお店の方が入りやすい

 

気がする方も多いとは思いますが、古書買取をしてもらう場合に関しては大型書店ではなく

 

小さかろうが古書を専門的に扱うお店を探し、そちらで買取をしてもらうようにしましょう。

 

 

 

理由としては、大型書店では古書の知識を持っている人がいない場合が多く、見た目が

 

古ぼけている、発行年数が古い、話題の本でないといった理由から安値で古書買取される

 

場合が多いからです。

 

せっかく貴重な本なのに、その価値をわかってもらえず安値で買い叩かれぞんざいな扱いを受

 

けてしまっては本も可哀想です。ですから古書買取をしてもらう場合は、古書に関する知識が

 

ある専門的な古本屋を探し、そこに持ち込み買取をしてもらうようにして下さいね。